明日は初日!

肝心なヒデさんのブログが月1で更新されるかされないかみたいなので他の共演者さんや演出家さんのブログから推察するしかないのですが(苦笑)、25日ぐらいから舞台稽古に入ったようですね。4人で稽古場でのお稽古が終了したのでプチ打ち上げをしたみたい。あんこう鍋とか食べたみたいです。サザエのつぼ焼きとか、魚介類のおいしいお店だった模様。
ヒデさん、サザエのつぼ焼きとか食べられるのかしら……結構あれ苦いとこあるよねぇ。

27日のヒデさんイベでも本人が言ってましたが、プライドの現場はとても楽しいみたいです。
演じる側が楽しんで演じていただかないと観客にも伝わるので、それは本当によかったなぁと思います。

明日の初日見に行ってきます。
女装がどんなことになっているか見てきますですー。(笑)
頑張って、女らしくなりますと宣言していたのでやってくれるでしょう! 
きっと話さなければ美人さんだよ。
たぶんね!

ALTAR BOYZ〜ORENGE

また間が開きました……特段何も無かったということですよー。(笑)

アルター週間が続いていますが、本日は、ORENGEチームを見てきました。
初ORENGE、そして最後ですが。(オイコラ)
和田君(ファン役)ブログで募集していたので、お願いしたチケットは、な、なんと……2列目のセンターっていうびっくりする席でした。(苦笑)


さて、同じ公演をダブルキャストでするという時点で免れないのですが、感想がどうしてもREDチームと比べちゃうことに〜。
REDチームは再演ですので、もちろん一歩も二歩も上なのは当たり前なんですけど、やはり全体に力不足っていう感じに。(汗)
特に、歌関連が……。
アブラハム役の方は、ストリート上がりの方と伺っておりますが、良知君の方が声の伸びとかが違う。
ミュージカルとはやはり声の出し方違うから苦労しているんだろうなぁと思ったり。

そのほかは、色々と細かいところで演出が変ってて面白かったし、ダンスもかなり違ってたし。(まぁ振り付けの方が違うので当たり前ですが)
ダブルキャストはそういうところを見るのも醍醐味ですね。

ダンスはルークがダントツでした。
あとからパンフを見たら、この方がやっぱり振り付け担当でした。

まだORENGEチームは3回目だったので緊張の方が先に立っている感じは凄くしましたし、ひたむきさは伝わってきて思わず応援したくなったので、最終日には化けてくれると思います。(ホンマ上から目線ですみません)

千秋楽見られないんですけどねー。(@_@。←どちらも取れなかった人。

ALTAR BOYS プレビュー公演

またまたお久しぶりです。(苦笑)
「ALTAR BOYZ」プレビュー公演に行ってきました。
プライドの開演直前イベントに外れた反動で申込んだら当たってしまったのですが、結果として行ってよかったです〜。私のこのミュージカル好きなんだ〜。

ただ、席が、15列目だったんですが、14列目と段差が無いので、見えにくかったのと、会場に入るまでが非常に寒くて死にそうだったことぐらいかなー。(涙)

ちょっとはネタバレあるかもなので、それでもよい方はそのままゴー!(まぁ、その前に再演ですしね)



プレビューってことで、各出演者のFC会員と、ALTAR BOYZサポーター会員のみチケット販売だったらしくチケット代も普段のRED公演よりも1000円ほどお安め!
あとは、関係者っぽい人とかがチラホラ。

演出の玉野さんがいらっしゃいました。
以前、「まさかのChange!?」のイベで拝見したのでよく存じ上げております。一方的ですけどね。(笑)
知人っぽいひとと話してて、その後、私の一列前の席で最初から最後まで見てらっしゃいました。
皆結構笑うところで、にこりともせず見てて、ああ、ここアカンのやわ〜と思ったり。(汗)
「CLUB SEVEN」で、また拝見するかと思われます。
なんだかんだ言って、玉野さんが関わっている舞台って結構見ているので、今度FC入ろうかなぁ。
「CLUB SEVEN」本当に今から楽しみです。

さて、本編感想!
前回の公演も拝見させていただきましたが、内容的にはこれ結構深くて、宗教の対立とか、人種問題を含めた様々な差別とか、同性愛とか色んなアメリカ(だけじゃありませんが)が抱える問題をダンスと歌で明るくまとめているところがよく出来てるなーっていつも思います。
日本は宗教とかそういう認識は希薄なところがあるから、良くも悪くも受け入れやすい内容なのかも。

例えば、登場人物マークはゲイで、リーダーであるマシューの事がずっと好きなので言えずにいて、最後の方で告白するのかと思いきや、結局はカトリックであると告白するんですよね。日本だとあまり何も反応は無いんですが、オリジナル版を見ると、彼のそのシーンは結構向こうの人たちは笑ったりしてるんですよね。
どうやら、向こうでは、告白するってそっちの方なの! っていうニュアンスみたい。
韓国版だとどうなのかなーとちょっと気になります。

話がそれた。(苦笑)

プレビューということでちょっとおとなしめ?
前回もうちょっとダンス激しかったような?
歌もちょっと控えめだったかも? っていうかマサ(マーク)の声がちょっとガラガラだったのが気になった。(滝汗)
プレビューでこれで大丈夫かなぁって心配になりました。
反対に良知さん(アブラハム)の声は半端なく出ててまたまたアブちゃん好きになったよ。
前回もマーク見に行って、アブちゃん好きになって帰ってきましたものね。

曲もみんな良いし、本当に大好きなミュージカルです。
主要な5名の他にも後ろで実際に演奏しているバンドメンバーもところどころ良い味出してるし。(笑)

DVDとかCDとか出してくれればいいのになぁ……。
オリジナル版は出てるんですが日本語版のが聞きたいよ……。

フィナーレを飾るメドレーのところの衣装がめちゃくちゃカッコイイ! 
赤と黒で、全員デザインが違う!

最後のアンコールのところで、今回から加わるORENGEメンバーも登場しました。
演出とかもかなり違ってくるんだろうな、どういう風に変るのかなーと、次回、初めてORENGEチームを見るので楽しみです。

10月まとめ その2

で、その後に、AGFでの、オリジナルムービーの制作発表に参加させていただきました。
席順が、早い者順だと思っていて、まったり後ろから見るか…と凄い後ろの方で並んでたら、抽選で、抽選ポックスからごそごそ引いたら番号一桁……。
すみません、最前センター寄りでした。

運使い果たした!(率直な感想)
残り物には福があるって本当だー!(涙)

さてさて、司会者さん登場の後、雄大とヒデさん登場……雄大普通に出てきたけど、ヒデさん何故か、ジャンプからのクルクルッとツーターン……。
なにそのハイテンション。(苦笑)

オリジナルムービー「石の降る丘」がシネリーブル池袋で新春公開。
公式サイト
http://www.mmv-movie.com/

ざっと司会者さんが読んだストーリーに一同ぽかーん。(苦笑)
なんだろそのストーリー。
コメディーって事でよろしいか。

以下ざっと雄大とヒデさんのトーク(覚えている分だけ)

○2日間稽古して、5日間で撮影。
○泊まった旅館がものごっつーバイオに出てくるような場所で、血が飛び散ったような跡とか、タンス開けるとハンガーが真っ二つに割れて下に落ちてたりとか、冷蔵庫開けたら、封が切ってあるお茶のペットボトルが入っていて、賞味期限が1年前とかで中身がなんだか別のものになってたとか。
○近所に男の子が住んでて、サッカーボールで遊んでいたので、雄大が「ヘイ!パス!」 って言ったら、速攻「ヤダ!」と言われて逃げられた。
○上の話をしたら、ヒデさんはその男の子を見かけて無いそうで……雄大が「やめてよそういうの!!」って叫んでました。(笑)
○首出したまま埋められるシーンで、虫がたくさん寄ってきて、ヒデさんが雄大の分までキャーキャー言ってたそうな……。
○兜を殴るシーンで思い切り殴ったら、中指がはれてしまったヒデさん。←実際みんなに見せてくれたのですが、厚みが1.5倍ぐらいになってました。

そんなところでしょうか……。
また思い出したら、書き足しておきますが……。

プライドでピアニストの役なのに、指大事にしなくて大丈夫かな。(汗)と心配になりました。いつも全力なのはいいけど、加減してもらいたい。

二人の話を聞いてたら、撮影楽しかったんだろうなぁと容易に想像できたので、映画は馬鹿馬鹿しそうですが、見に行こうと思います。(上から目線ですみません)

まとめて日記1

まぁ、誰も待ってませんが。
色々とありまして、なかなかこちらは更新できなくてすみません。

んー、ミクシィはなんとか毎日やっているんですがね〜。(汗)
こっちはまた別に書いたりしているので……。
ミクシィでは公開の範囲指定が出来るので、もう少しざっくばらんなお話も書けるんですが、こちらだと微妙に書き直さないと行けないところとか出てきますよね……。うん、その辺りが誰でも見られる仕様にしないと。(あまり出来てないかもですが)

さてさて、今まで何してたかと言えば……4日と6日は、舞台版「花咲ける青少年」を見に行って来てました。
はい、ゆきちゃん(久保田悠来さん)演ずるところの立人目当てだったんですが、最終的には大河元気くん演ずるところのルマティに全部持ってかれましたね。(笑)
いやー元気のルマティははまり役だと思う。

ゆきちゃんは……何処まで行ってもゆきちゃんだった。(苦笑)
滑舌なかなか良くならないなぁ……。「さしすせそ」がねぇ。(汗)
あとは、お歌がね…うん。

最初に見たとき、OPがみなさん歌うのでびっくり通り越して爆笑してたのは秘密です。(オイコラ)
歌う必要性全く感じないんだもの、ストレートプレイでいいのに。
色々と残念でした。
でも、次回も見に行ってしまうんだろうなぁ……。
物販にまた生写真クジあるんだろうねえ……。(遠い目)



9日は映画「君へのメロディー」の初日舞台挨拶に行って参りました!
小さな映画館だったので、開演ギリギリまでロビーでマイミクさんとしゃべってたら、横をなんか誰か通るな〜と思ってそっちに視線を移したら、サトちゃんでした!!(驚愕)
ほああああ! さとちゃん!!(心の中の叫び)
叫びはしなかったんですが、もの凄く私が驚いた顔してたんでしょうね〜サトちゃん、こっち見て、ニヤリと笑って通り過ぎて行きました。(苦笑)
サトちゃんの笑顔ってニコって感じじゃなくて、ニヤリですよね〜。

そして、そのサトちゃんの後ろにヒデさんが続いて歩いてたんですが、こっちは俯き加減ですーっと通り過ぎていきました……。なんだか暗いわ〜と思った。(汗)
でも、偶然にも間近で見られてラッキーでした。

3回目が始まる前は、監督が普通にロビーで関係者と話してたよ。

舞台挨拶は、ヒデさんは、撮影にあたって、家族に協力してもらったこととか、お奨めシーンは三人三様の告白シーンってことで、思わず細かくそのシーンについて語り始めたので、岡本さんに、今それ言っちゃうの? って突っ込まれ、監督からも、告白シーンがありますぐらいまでで納めてくれると良かったと言われてました。(苦笑)
(上映前の挨拶でした)

その次の回の挨拶では、そのことに触れて、「先ほどの回では、思わず内容をぽろっちょ……」と「ポロッと」を「ぽろっちょ」と言ってしまい、周りから「今なんてった?」、「今、なんて?」と散々突っ込まれて、仕方なくもう一回「ぽろっちょ…」って言わされてました。突っ込みどころ満載な人だなぁ。

映画の方は昨日で東京方面は公開が終了してしまったのですが、名古屋と大阪での公開も決まっているので足を運んで見てはいかがかと。
メイキング

まとめ2へ続く。

モーツアルト!

東宝さんミュージカルなんですが、バックというかアンサンブルで小野田龍之介君が出るので、ちょっと1回ぐらい見てみたい! と、思っているんですが、お知らせにこんなのが来まして、おお!!! って思ったんですけど……13日(水)の13時なんて思いっきり平日過ぎて無理だっ!
https://wwws.toho-ad.com/mozart_oubo2/

社会人をなめてるー!(>_<)
orz
もう少し配慮してくださいマジで!
でも1,000名様なんて剛毅だわ〜。
もしも、ご予定がなければ是非参加してみてはいかがでしょうか。
公式HP
http://www.tohostage.com/mozart/

*******************

開幕直前イベント
オーディエンス募集!

 日ごろより東宝演劇をご愛顧賜り誠にありがとうございます。
 来る10月13日(水)、本年11,12月に帝国劇場にて上演いたしますミュージカル「モーツァルト!」の開幕直前イベントを開催いたします。
 お客様のご支援のおかげで、今回の「モーツァルト!」は2002年初演から数えて、四度目の上演となります。そして今回新たに、ヴォルフガング役に山崎育三郎を迎え入れます。
お客様におかれましては、出演者の意気込みや、作品の魅力をいち早くご覧いただきたく、当イベントのオーディエンスを募集いたします。今回は帝劇の客席と舞台を使って、1,000名様を募集する大規模なものです。ご応募、心よりお待ち申し上げております。

日時: 2010年10月13日(水) 午後1時00分 〜午後2時00分(約1時間の予定)
*当日の開始時間、詳細等はご当選者様に改めてご案内させていただきます。
場所: 帝国劇場  地図>>
(住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 )
募集人員: 1,000名 (応募者多数の場合は抽選となります)
出席者: 井上芳雄、山崎育三郎、島袋寛子(SPEED)
涼風真世香寿たつき山口祐一郎
ほか出演者  総勢35名(予定)
*当日欠席となる出演者が出る場合がございますが、予めご了承ください。
内容: (1) ミュージカルナンバー披露(計4曲の予定)
(2) 出演者によるミニトーク
応募締切時間: 2010年10月5日(火) 午前10時まで
結果発表: 2011年10月6日(水)夕刻を目安に、当選者様のみにE-mailにて通知いたします。
追って官製はがきによる招待状(当選通知ハガキ)を郵送いたします。
お問い合わせ先: 東宝(株)演劇部宣伝室 TEL:03-3591-1222 (平日11:00〜19:00)


注意事項  ※下記を必ずご確認ください
※ご当選の権利は、ご招待状記載のご当選者ご本人様のみ有効です。
  ご家族様をはじめ、他の方への譲渡並びに転売等はお断り申し上げます。
※下記応募フォームよりご応募下さい。ご本人1名様のお申込みとさせていただきます。
  重複応募は無効となります。
※未就学児童のご参加は、お断り申し上げます。
※当日は抽選による座席指定です。
  ご入場の際に、事前に郵送する当選ハガキ(招待状)と座席が明記されている
  招待券を御引き換えいたします。当選ハガキは返却いたしません。何卒ご了承ください。
※当落に関するお問合わせには応じかねますので、あしからずご了承下さい。
※会場へのご入場に際して、ご本人様確認をさせていただきます。
  当日は各種免許証等をご提示いただきます。予めご了承くださいませ。
※会場までの交通費等は自己負担とさせていただきます。
※当日の写真撮影 ならびに 録音は固くお断り申し上げます。
※製作発表につき報道関係者も招待いたします。予めご了承くださいますよう御願い申し上げます